星海祭 その2

○06:Each Person's Path ~ Take Off from Home ~ STAR OCEAN FOREVER
「Each Person's Path」はSO5のエンディング、「Take Off from Home」はSO3の試練の洞窟クリア後でしたっけ?
朧気です。


「Each Person's Path」はスターオーシャンのメインテーマから始まります。
MCで「次からSOと」言っていましたが、それがなくてもこのメロディが流れるとSOパートに移ったことが一発で分かります。


「Take Off from Home」は始まりとも終わりとも感じられる曲ですね。
序盤は出発前という感じがしますが、後半はフィナーレのようにも感じられます。
低音のパートがブラスで強化されていたり、ピアノの伴奏が追加されるなど、
原曲に忠実に、且つリズミカルに昇華されています。


STAR OCEAN FOREVER」はいつものライブ版ですね。
曲名の通り、スターオーシャンのメインテーマです。
但し、5/8拍子のメロディはありません。
これ結構好きなのでちょっとがっかりです。


○07:The Bunny Hop ~ Comeback Victory ~ Eureka!
「The Bunny Hop」はSO4のバーニィに乗っているときの曲で、
「Comeback Victory」はバーニィレースの曲ですね。
「Eureka!」ってどこの曲だっけ?
ウェルチPAの動画が流れていたからウェルチ関係なのかな。


「The Bunny Hop」オリジナル版では草原を駆け抜けるような爽快感のある曲です。
「Comeback Victory」は運動会という感じの曲です。
「Eureka!」爽やかの感じと楽しげな感じが共存している曲です。
この3曲を切れ目なく演奏します。
ものすごく綺麗に繋がっていますね。
雰囲気も全体的に爽やかで楽しげな感じで統一されています。
3曲ともあまり聴いていない曲だったので曲の境目が全く分かりませんでした。
コンサートの後にプログラムを見て「これ3曲だったんだ!」と驚かされました。


○08:Field of Exper
コンサート前に公開されたパンフレットのプログラムを見て一番楽しみにしていた曲です。


SO2のフィールド曲は「Field of Exper」と「Field of Nede」の2曲があります。
曲名の通り、エクスペル編のフィールドとネーデ編のフィールドで分けられています。
どちらのフィールド曲が好きかという話はよく聞いたものです。
私はエクスペル派です。


これらの曲のアレンジは桜庭さんご本人の作品はなく、
公式、公認のアレンジは池頼広氏のファンタジーメガミックスに収録されている「Field of Nede」のみとなっています。


20年待って、漸く「Field of Exper」の公認アレンジが登場しました。


冒頭はブラスで力強く演奏するのに次のフレーズではピアノ主体の切なげな雰囲気になります。
ああ、よく分かってる。
もうこの時点で神アレンジであることを確信しました。


ハープのところから後半になりますが、ここのごった煮具合が素晴らしいですね。
ストリングスとブラスで2つの旋律が重なっており、
それに加えて後ろで鳴ってるキーボードやオルガンのインプロが完璧に溶け込んでいます。
掛け値なしの名演でした。


○09:The Outbreak Of War ~ The Divine Spirit of Language
「The Outbreak Of War」は城の曲で、壮大な雰囲気です。
「The Divine Spirit of Language」は特殊ボス戦の曲です。
これをくっつけるだと……。


「The Outbreak Of War」はコンサート版ではフィールドっぽいダンジョンっぽい曲になっています。
前半はフィールドですが40秒過ぎの箇所がカッコ良すぎるのでただのフィールドではありません。
このフレーズはエンドレスで聴いていられますね。


切れ目なく「The Divine Spirit of Language」に繋がります。
少し強引な、意表を突くようなつなぎ方ですが、曲が変わったことを認識するとテンションが上ります。
元々エレキギター全開の曲ですが、コンサート版ではストリングス主体となっています。
それでもこの曲のカッコよさは全く衰えていません。
寧ろ、エレキギター嫌いの私としては綺羅びやかさのあるストリングスの方が好みです。


○10:AMBITION
SO1のオープニングで使われる曲ですね。
こちらは原曲通りに静かな曲となっています。
ブラスが追加されているのでより壮大さが上がっています。


キーボードの人、スローテンポな曲で速いハープのアルペジオを弾きながら音の長さが複雑なメロディを弾いているのかな。
大変そうだ。


○11_TENSE ATOMOSPHERE ~ Like the Wind ~ Highbrow
「TENSE ATOMOSPHERE」はSO1の特殊ボス戦です。
SO1をプレイした人なら説明不要の名曲。
ただ、曲の構成はPSP版準拠になっています。


Aパートの1回目をブラスが、2回目がストリングスがメロディを演奏します。
2周目ではブラスとストリングスがユニゾンしています。
どれも甲乙つけがたいですね。
素敵です。
オルガンソロもじっくり楽しめるので大満足のナンバーです。


「Like the Wind」はSO4の特殊ボス戦……ではなくその前のイベントシーンで流れる曲です。
イベントデモ中に流れるのでゲーム内では最後まで聴けなかったような?
バトル中もこの曲でいいじゃん、と思った人は多いはず。


フレーズの変わり目をあまり感じさせない、最後まで一気に駆け抜ける曲ですね。
桜庭さんの曲は唐突な変化があったりするのでこういう曲は珍しいような。
気の所為でしょうか。


「Highbrow」はSO3のラスボスです。
ライブでは皆勤賞の曲ですが、今回はかなり短くなっています。
正直、物足りないです。


ピアノの繊細な音の後に来る威圧感のあるブラスがラスボスの威厳を感じさせます。
この曲は久しくライブ版しか聴いていませんが、
楽器が増えると色んな表現ができるので面白いですね。


この曲に限った話ではありませんが、
トランペットかな、全体的にミスが目立ちますね。
プロの人がこれほどミスするとは思えないのですが、
そんなに難しいのでしょうか。


演奏時間は1時間ほどの短いコンサートでしたが、
満足度はいつものライブ並みですね。
3人編成もいいですが、オーケストラ形式のライブもまたみたいですね。
今度こそは会場で!

星海祭

オーケストラとの融合ですって。
これは楽しみです。


○01:窮境へのレクイエム ~ 天空の扉
「窮地へのレクイエム」を普通に演奏し、そこにストリングス追加されると、
これからコンサートが始まるということを強く印象付けられます。
「天空の扉」に繋がりますが、
天空の扉のメロディがブラスなので随分と勇ましくなっています。
過去にライブでバンドスタイルにアレンジして演奏したことがありましたが、
それとはまた別の方向性ですね、
鳥肌が立ちました。
アレンジしたのが桜庭さんではないのでちょっと警戒していましたが、
それはもはや杞憂であることが分かりました。


○02:未確認神闘シンドローム
曲の前に朗読が行われます。
冬馬さんの台詞「死の、先を逝く者達よ!」から繋がります。
ゲームをプレイした者なら間違いなくプログラムを見ていなくても何の曲を演奏するか分かる演出ですね。
この曲に限った話ではありませんが、今回の編曲はアレンジアルバムをベースにしているものが多いですね。
2003年のライブ版を演奏して以降、アレンジアルバム版のシンドロームは出てきてないんじゃないかな。
アナトミアで使われているかもしれませんが(もうプレイしていないので知らない)。


アレンジアルバム版のシンドロームはイントロの後、Aパートをかなり静かに演奏するのですが、
今日のコンサートでは、その静かに演奏するところをエレキギターで演奏していたので驚きました。
激しくなったと思ったらメロディがストリングスです。
ブラスじゃないのかよ!
いや、これはこれでアリです。


○03:奈落の底にある歪曲
コンサートで演奏するのは初めての曲ですね。
朗読がレナスが初めてエインフェリアを探しに行くシーンだったので、
一番最初のダンジョンであるアルトリア山岳遺跡の曲を演奏すると
ダンジョン内で行われるフレイのチュートリアルが頭に浮かびます。


この曲を聴いているとストリングスの汎用性の高さに驚かされます。
激しいリズムに合わせて演奏するメロディ、オブリガード、
ブラスの後ろで8分を刻んでリズムを補強したりと、
ストリングスって本当にどこでも使えますね。


○04:The neverending cycle of reincarnation ~ Turn over a new leaf ~ The true nature of all
朗読はAエンド終盤のレナスとフレイが決別するシーン。
ここで演奏する曲はラスボス戦中のイベント2曲とラスボス戦。
その前に大切な曲が抜けています。
ここは是非とも「The first unison」を含めた4曲メドレーにしてほしかった。


「The neverending cycle of reincarnation」は元々オーケストラな曲なので今回のコンサートにうってつけの曲です。
スターオーシャンヴァルキリープロファイルのオーケストラコンサートは今回が初めてなので生で聴きたかったですね。
大人数による調和はバンドスタイルでは絶対出せない響きなので。


「Turn over a new leaf」のメロディがブラスとエレキギターだとかなり強気になりますね。
格好いいです。
「がんばれ! プラチナ!」の幻聴がしました。


「Turn over a new leaf」は通常版とリズムバージョンの2種類があるのですが、
音色自体は同じなので言われないと違いは分からないと思います。
この演奏を聴いたらラスボス前の方はこれくらい大きな変化があれば良かったなと思います。


「The true nature of all」はゲームをプレイしていた当時はあまり好きではなかったです。
後にバンドアレンジがリリースされて評価が変わった曲です。
あのチープな感じがするのに芯はしっかりしてるシンセの音がツボでした。
今回のコンサートではブラスがいい味を出しています。
あと後ろで鳴っているオルガンが良いです。


○05:幸せに、なれますように。
スタッフロールの曲です。
暗い曲が多い中、数少ない明るい曲です。
明るいと言ってもちょっとだけですけど。
ヴァルキリープロファイルの中ではちょっと異質な感じがします。


桜庭さんのピアノが熱いです。
ピアノを使用している曲は多数ありますが、
最初から最後までピアノの曲はあんまりありませんね。
オーケストラと聴いていたのでピアノが多いと想像していました。


これでヴァルキリープロファイルは終わりです。
そういやヴァルキリープロファイルは全て初代からの選曲ですね。
何か理由があるのでしょうか?


スターオーシャンは明日にしますか。

ネタなし

やべぇ。
今日はマジで何もない。
最近面白い話題が全然無いですよね。


あ、今日デート・ア・ライブアンコール9巻読み終わりました。
これで本編最終巻に移れます。
アンコールの10巻は5月らしい。


久しぶりにデート・ア・ライブを読んだらPS4のゲームソフトが欲しくなってきました。
GWあたりにやってみようかな。

寒……

今日はあまりにも寒かったのでコートを着ながら仕事をしていました。
斜向かいの人はTシャツ1枚だったけど大丈夫なのかな。
コートの人とTシャツの人が同居している空間って凄くね?


明日は日中は暖かそうですね。
朝はアホみたいに寒くなりそうですが。

ネタなし

今日は厚着しました。
これくらいで丁度いいですね。
窓際の人は寒くないのかな。


そういやスクエニからチケット代が返金されていました。
普段使っている地方銀行を指定しましたが、
こういうのって全国展開してる大手かゆうちょの方が良いのかな。

寒すぎ

着る服を1枚減らしたのですが、
そんな日に限って「今日から防疫のために就業時間中は窓を開けておく」というルールが誕生しました。
寒いって……。
腹壊しそう。


明日からは服の枚数を元に戻します。
無理。

久しぶりに

スターオーシャンを始めました。
いい加減トロコンしたいです。
シウスと別れる前のセーブデータが残っているのでそこから再開。
一気に進めようかと思ったのですが、どういう風の吹き回しか、
この時点で廃坑をクリアしようと思いました。


かなり難しそうですが意外となんとかなります。
ポートミスでマジカルクレイを買って、それをひたすらアートで玉手箱ができるのを狙います。
更に、玉手箱からマーヴェルソードが出るまで粘ります。


廃坑のブラッドウォーム6匹を狩りまくってレベルを上げます。
玉手箱を作るのがしんどかったら先にブラッドウォームをいくらか倒して金を作ってもいいですね。
あと、レベル上げのついでに空破斬の熟練度を上げておくと良いでしょう。


ラティのレベルが40くらいになると敵の攻撃を何回か受けても耐えられるのでいよいよ出撃です。
玉手箱を作る際に韋駄天も大量に出来たはずなので雑魚は全て逃げます。
サラウンドアタックが来ても、このレベルなら耐えられます。


ボスは先に周囲のシャドウフラウアから倒します。
空破斬の熟練度が上がっていると威力も上がるのですぐに倒せます。
残ったパンク・ポンクは飛び跳ねるだけなので雑魚です。


初めてブラッドウォームを倒すまでと、マジカルクレイからマーヴェルソードになるまでに苦労しましたが、
ある程度レベルが上がるとかなり楽になりましたね。


これだけレベルが上っているとヴァン王国まではすぐです。
今はメデューサアイでレベルを上げているところです。

買い物

咲の最新刊を買ってきました。
人多すぎ。
全く空いてない。
自粛する気無さ過ぎですね。
まぁ私も人のことを言えませんが。
片道1時間の場所にある店に出掛けて、
帰ったのが2時間半後なので最小限の行動だったはず。


休日に家から出ること自体が稀です。
昨日の帰りに本屋に行くことを思い出したのですが、
もう既に引き返す気にならないほどの距離を歩いていたので諦めたのです。